RECRUIT SITE

BLOG 採用ブログ

「ボコボコにされたいんです!」――未経験の20代女子が運用型広告コンサルタントとして活躍するまで

ASUE株式会社の広報担当N村です。
今回は弊社の運用型広告コンサルタント「ミヤタアヤノ」のお話です。

これがミヤタアヤノです。

彼女は元々、某大手企業のカスタマーサポートとして働いていて、その後ASUE株式会社に経理・総務・人事を担う管理本部メンバーとして入社しました。
超絶未経験でWebマーケティングの世界に飛び込んだ運用型広告コンサルタントなのです。

「ボコボコにされたいんです」――ミヤタの決意

前職での苦悩――大好きな職場だったけれど、転職を決意

前職時代はカスタマーサポート――主にお客様からのお問い合わせの電話やメールの対応を行っていました。
ASUEが二社目なので、前職がはじめて、社会人として働いた場所で、仕事も職場もとても好きで夢中で働いていました。ただ、会社の事業が成長していくにつれて、仕事の方針が少しずつ変化してきてしまって、自分のやりたい仕事像と現実のギャップを埋める方法がわからなくなってしまい、転職を決意しました。

ASUEに入った今になって思えば、ギャップを感じたら話し合って、齟齬を解消して……と行動を起こして、納得してそのまま働き続けるという道もあったのかなと思うけれど、当時は自らどんどん意見を言っていく!というタイプではなかったので、自分のしたい仕事とか方向性とズレがあるのであれば、大好きな職場ではあったけれど去ろう、と考えました。
無理が身体に出始めていて、一生続けていける職場を――ということで転職を決意しました。

採用ページから感じた会社の想いで、応募を決めた

ASUE株式会社のことを知ったのは、転職活動をしているときにオフィシャルサイトの採用ページを見たことがきっかけでした。

ASUEのオフィシャルサイトの採用ページ――今は採用サイトを作ったのでもう当時のページはないんですけれど、最初にまず社内の雰囲気がとてもよさそうだな、と思いました。採用メッセージを読んでいて、「立場は関係なく、意見を吸い上げて会社をより良くしていきたい。」という想いもすごく強く感じました。
やっぱり会社の中で仕事をするっていうのは、社内だったり社外やお客様だったり、いろんな人達と関わることなので、チームワークとか、誰と仕事をするかというのもすごく大切だなって思っていたので、こういう人たちと一緒に働きたいなって単純に思えたのが、最終的にASUEに応募した決め手でした。

わたしが応募したのは、今働いているWebマーケティング課ではなくて、管理部の求人でした。
前職では仕事の丁寧さ・正確さを褒められていたことと、マネージャーをしていた上司の助手のようなことをしていたのもあって、表に立って仕事をこなすプレイヤータイプ……というよりは、裏方で人をサポートしたり数字を扱ったり、というような仕事が自分には合うのかなと思っていました。

正直な話をすれば、〇〇がしたい!というような職種へのこだわりみたいなものはあまりなかったんです。
仕事をすることや、働くことで自分が成長できるということが楽しいし好きだと思っているので、競ったり目標にできる相手がいるモチベーションの上がる環境で仕事がしたい、自分のことをできない奴だ!と感じてしまうくらいやる気のある人ばかりの会社がいい、というのを念頭に置いて会社を探していました。
どんな仕事であっても真面目にきちんとできるとは思っていたから、業務適性がありそうなことと自分が成長できそうな挑戦機会がある会社や仕事がいいなとも思っていました。
あとは、ASUEの求人を見たとき、経理も人事も総務もやる気があれば管理部の仕事をどんどん任せます!という触れ込みだったので、意欲的に仕事ができる職場だと思ったのと、前職の経験から働いている人たちが「この会社好き」と思ってくれるような会社作りの手伝いがしたい、という気持ちがあったので、管理部に応募することを決めました。

俺たちは一緒に働きたい」変わった合否の出し方だった

入社当時はまだ人数が少なくて10人ちょっとの規模だったので、代表の安江と常務の後藤との2対1の面接でした。

代表の安江の印象は……櫻井翔にちょっと似てるな(※1)って思いました(笑)
話してみて、採用ページで受けた印象通りの、考え方を裏表なく率直にお話してくれる方なんだなと思って、この人の会社で一緒に働いてみたいと素直に思いました。
後藤はもっとワイルドそうな男性のイメージを持っていましたが、実際に会ってみるとやさしい笑顔で落ち着いた話し方をされる方という印象でした。

どういう風に働いていきたいか……のようなことを聞かれたときだったかな。
わたしが「ボコボコにされたいんです」と答えました。みんなと競い合って成長したい、挑戦したいという気持ちで言った言葉だったんですけど、今思えばすごいこと言っちゃっていたな、と思います(笑)

その場で、後藤から「俺たちは一緒に働きたいと思っているので、今日一日考えてもらってASUEで働きたいと思ってくれたら連絡ください」と名刺を渡されて、変わった合否の出し方だなぁと思いながら、翌日メールを送りました。

一人一人が意見を出し合える環境が素敵だと思った

どこの立場からでも、会社をより良い環境にしていける

元々ASUEに対して抱いていた印象は、先ほどもお話した通り、「立場は関係なく、意見を吸い上げて会社をより良くしていきたい。」という想いの強い会社なのかな、と思いました。 実際に入社してみて、そこの印象からのブレは全然ありませんでしたね。

業務のことや社内のことで「ここをこうしたほうがいいのでは!?」って思うことって少なからずあると思うんですけど、 そういうことを終礼や朝礼、社内のチャットで共有すれば、社長や役員含めてみんなが聞いてくれます。

誰かの発言が、ルールや業務のやり方の改善に繋がることは割と日常的に見られる光景で……一人一人が意見しやすい環境を作ってもらえているんじゃないかな、と思います。

今年でわたしはASUEに入って3年経つし、もうユニットリーダーという立場にもなっているので、今度はわたしがそういう環境を作れる側でいられたらいいなって。
元々管理部で、いい会社の環境を作りたい、と思っていたけれど、異動した今感じるのは、どこの立場からでも、会社をより良い環境にしていくことは可能だなって思っています。

悔しい想いをしたい――Webマーケティング課への異動

わたしがなりたい大人になれないんじゃないか――という不安があった

管理部の仕事自体はとても順調で、うまくいっていたと思います。 社内の人もいい人ばかりですぐ打ち解けられたし、評価ももらえていました。
ただ、誰かと競い合って切磋琢磨しながら仕事がしたい……という気持ちが元々ありました。

管理部は社外の人との仕事も多かったですけど、基本的にはお客様側…ユーザー側…としてのやり取りが多くて、なんていえばいいのか……当然とても丁寧に扱ってもらえていて。

社内では社員数が少なかったから他の部署の人の働きっぷりも見ていて、みんなすごくやる気があって、刺激は受けていたんですけど……もっと駄目出しされたい!悔しい想いをしたい!という気持ちを、管理部で働きながらより強く持つようになりました。

面接のときの「ボコボコにされたいんです」も含めて、どれだけドMなんだ!と自分でも思います(笑)
元々前職でもチームで働いていたこともあって、やっぱり切磋琢磨しあいながら働きたい!という想いはどんどん膨れていきました。
もっと壁にぶち当たるような思いをしないと、わたしがなりたい大人になれないんじゃないか、という焦りや不安のような想いがありました。

そのことを常務の後藤に相談したら、「じゃあ、現場でやってみないか」と声をかけていただいたので、そこでWebマーケティング課に異動することを決意しました。

必要なスキルが多岐に渡る――異動して見えた難しい部分

異動してから感じたのは、単なる広告宣伝活動以上に、この仕事はクライアントの事業に深く働きかけることができるんだということに驚きました。

管理部から異動してみて大変だったなと思うのは、やっぱりその部分です。

仕事の範囲が単なる広告運用だけではなく、クライアントのビジネスパートナーとしてお付き合いしていくことが求められるので、責任もより大きく、数字分析やユーザーニーズをくみ取る力、クライアントのビジネスモデルの理解、コミュニケーション能力など、必要なスキルがマルチに渡ることがこの仕事の難しい部分だと思いました。

でも、その分様々な能力が活かせる可能性も高くて個人の裁量やチャレンジの機会も多くもらえたので、それを楽しめる人には自分が望んだだけ成長機会がたくさんある環境だと思います。

運用型広告の仕事には、最高に楽しい瞬間がたくさんある

チャレンジできて成長する機会がたくさんあるというところはもちろん、とにかくいろんな新しいものがあとからあとから出てきて飽きない仕事だなぁと、異動してから二年以上経ちますが未だに感じています。
誰も正解がわからなかったり、もっと言えば正解がない仕事がたくさんあって、社内外問わずいろんな意見が飛び交って、人と関わることも思考する機会もとても多くて、毎日が刺激の連続。
人が何を考えて、なんでそのときこの行動をとるのか――ユーザーの気持ちを考えて試行錯誤するのが楽しくて、作った広告文や改善提案したサイトに世の中の人が反応を返してくれるときが、大好きで楽しくて、やりがいを感じている部分です。

もちろん大変な部分も多いので、忙しかったり難しく感じたりすることも多いけれど、わたしはこの仕事が大好きです。ここにくるまでいろいろ迷いもあったけれどWebマーケティングの仕事をできて本当によかった、と感じています。

「クライアントがどんな人かを考える時間に」――自社マーケティングへの挑戦

最近、クライアントの広告運用だけじゃなくて、自社のマーケティングも担当させてもらえるようになりました。

クライアントの広告運用を担当させていただく中で、クライアントやビジネスについての理解が自分はすごく浅いなと感じるようになってきて、もっと深く知ったり考えたりできないかと思っていました。
そんな時に、会社から「自社マーケティングに力を入れる」という話を聞いて、「わたしがやりたい!」と手を挙げて、自社マーケティングを任せてもらえることになったんです。

今までは、広告の中で出来ることや広告に絡めてできることを考えてきました。
でも、自社マーケティングも担当するようになってから、広告以外の集客チャネルやサービスの内容自体にも目を向けるようになってきたのは大きな変化だなと思っています。まだ手探りの状態ですが、これまでやってきたことを活かしながら新しい分野にも挑戦することもできるので、とても楽しいです。

知らなきゃいけないことや勉強しなければならないことばかりですが、もっとステップアップして仕事の領域や視野を更に広げていきたいと思います。

最後に

これを読んだ方が、「わたしもこんな仕事をしたい」「僕もこんな風に働きたい」と思ってもらえれば、とても嬉しいなと思っています。

仕事とか働くことに対して熱量をもった、やる気のある人と一緒に働きたいと思ってます。やる気がある人と一緒に働くことで周りの人も巻き込んで、相乗効果が生まれると思うので、「ボコボコにされたい」「悔しい想いをしたい」「駄目出しされたい」そんな熱い方をお待ちしております(笑)

※1 ミヤタから代表安江へのリップサービスの可能性がございます。

この記事を書いた人はこちら

広報のN村

広報のN村

ASUE株式会社の広報担当・広報のN村。 2016年に彗星のごとく現れWebコーダーとして入社し、フロントエンドを担当した後、文才を見出され広報に異動する。業務中は大体鼻歌を歌っている。

2019年12月31日まで、採用サイトからご応募いただいた方に採用お祝い金として10万円贈呈いたします

ENTRY

一緒に働く仲間を募集しています

Uターン・Iターン採用強化中

プロへの道も、プライベートも、どちらも妥協したくない。
今の自分、そして将来の自分のためにプロフェッショナルとしての真のワークライフバランスを手に入れたい。
ASUEは本気でそう思う欲張りな人のエントリーを待ち望んでいます。
応募する
ページ上部へ戻る