RECRUIT SITE

BLOG 採用ブログ

運用型広告の仕事をもう一度やりたい!東京から名古屋の会社にきた経験者Webマーケター

今回の社員インタビューはWebマーケティング課のユニットリーダー、T.Mさんです。

※本人の希望により名前と顔は伏せます!わかるよ、わたしもネットに顔出したくないもの……

ということで、不肖ながら広報でインタビューを行ったN村が、似顔絵を描きました。

みんなに「T.Mはこんな服着てないでしょ」って言われました。

T.Mさんはいつも明るく元気がいい社内のムードメーカー的存在です。
そんな彼は前々職で一度運用型広告の仕事を経験していますが、その後別業種へ転職後、再び運用型広告の仕事をしたい!とASUEへ入社されました。

ということで、どんな想いでこの業界・仕事に戻ってきたのかをうかがいたいと思います!

大学時代からインターンで運用型広告の仕事に関わっていた

僕は岐阜県出身なんですけど、進学時に東京の大学へ進学して一人暮らしをしていました。
大学3年のときに、インターンで都内の広告代理店で働いたのが運用型広告との出会いです。

インターン自体は2週間の予定だったんですけど、仕事内容が自分にあっていると思いそのままアルバイトとして続けて、就職までしました。

インターンで行く先にWebの広告代理店を選んだのは、元々数字を追いかける仕事がしたいと思っていたからです。
実際にインターンでWeb広告の仕事をしてみて、そういう仕事は自分に合ってるなというのを感じたので、この仕事を選んだのは正解だったなと今でも思っています。

ただ、実家の都合で岐阜近辺に戻ってくることになってしまって、転職を決めました。

全然違う職種に就いた前職時代――「重いものを持ち運ぶのが大変でした」

実家の都合もあって、早く転職しなくては!というのもあったので、運用型広告の仕事とは全く関係のないメーカーに就職しました。

製品開発とその耐久テストを行っていたんですけど、Webの仕事と違って、重いものを持ち運ぶことも多くて大変でした。社内を動き回ることも多くて夏場は汗まみれだったり。
でも、実際に自分が関わった製品が発売されたときは嬉しかったし達成感もあって、やりがいは感じていました。

仕事自体は楽しかったんですけど、ただ不満もいくつかあって――どうしてもそこそこ大きいメーカーの開発施設だったので、名古屋市から少し離れていたんですよね。
実家からも名古屋より遠い位置だったので、もう少し気軽に実家に行ったりできる交通の便のいい市内で就職したほうがよかったなというのを働きだしてから感じました。

それと、別職種に就いてみて改めて、「やっぱりWeb業界が好きだから、もう一度働きたい!」という想いも強まってきたんです。

Web業界にもう一度貢献したい――二度目の転職を決意

実家の都合と自分のやりたいこと――前の代理店と同じ働き方では無理だと思っていた

やっぱりWeb業界で働きたい、運用型広告の仕事がしたい――と思って改めて県内でそういう仕事を探しました。

Web業界みたいなある程度世間の先端をいかなきゃいけない仕事って、やっぱり東京が一番活気があるのかな~と思っていたので、そういうのもあって最初の転職時はあまり業界を絞らずに探して別業界に転職した、という経緯があったんです。

それでもやっぱりWeb業界がいい!と思って探していて――そんな中、愛知県内でのWeb業界の求人を探しているときに、たまたまASUEをネットで見つけたんです。
応募の決め手は、今皆さんが見ている採用サイトのクオリティでしたね。

サイト自体が綺麗で「ちゃんとしてそうだな」と思ったのもありますが、メッセージとして「安心して長く働ける」けど「仕事はそれなりに大変で負荷もある」という部分をしっかりと伝えられていたのが「社員を大事にしてくれそう」という印象に繋がったと思います。

実は前々職の会社は、休日でも代理店から連絡が来ることもあって、なかなか気が抜けなかったり、忙しいとなかなか休みがとりにくかったり……というところがありました。
仕事自体は好きだったけれど実家のために戻ってきたという事情もあったので、同じような会社だと働くのは難しいかな、と思っていたんです。

そんな中で、ASUEの採用サイトを見て、ここならやりがいをもって働きながらもプライベートをきちんと大事にできそうだと思いました。それで、ASUEへの応募を決めました。

面接ではプライベートのことまでざっくばらんに話せた

面接は2回やりましたが、全体的に話しやすい雰囲気でした。

実際に現場で運用をしている宮田さんや青山さんはもちろん、社長や常務も話やすい空気で、個人的に仕事上伝えておきたかったようなプライベートのことでもざっくばらんに何でも話せる面接だなと思いました。
面接時の雰囲気のよさからも、「あ、やっぱりよさそうな会社だな。」って(笑)

とんとん拍子に最終まで進んで、最初の印象から変わらず「この会社で働きたいな」と思えたので、入社を決めました。

クライアントと運用者との距離が近い――以前の会社との違い

画力の関係で1枚しかディスプレイを書いていないですが、運用者はディスプレイ2枚の環境で仕事をします

クライアントにも運用者にもいい環境だと感じています

運用型広告の運用自体はさっきも言った通り前々職でも経験していました。

ただ、前々職では代理店を介して請け負うことが多く、ASUEではクライアントから直請けしている案件が多いことが大きな違いでした。
直請けであっても営業担当の人を挟んでやり取りするところも多いとは思うんですけど、それだと実際に現場で動く僕たち運用者がクライアントの実情だったり悩みだったりという部分を吸い上げることが難しくて。
でも、ASUEでは基本的に受注した後実際の広告が走り始めると、もちろん営業担当からのフォローもあるんですけど、運用者が直接クライアントと連絡をとって、ご要望を直接うかがえるっていうのがいいですね。

より深くヒアリングできたり、ご要望を運営に反映させるまでの時間を短縮できたり、運用者としても運用がやりやすいし、クライアントも直接実際に運用している人と直接やり取りできるっていうことの安心感とかがあるのでご満足いただけてるのかなと思います。

各案件を完全に一人で準備から運用まで全てやっていたんですけど、チーム内で状況とか悩みとかを相談できるところもいいですね。
担当者を中心に全員で意見を出すっていう場も多いので。より良い運用を行えるように日々切磋琢磨できている感じがあります。

きちんとオンとオフが切り替えられる環境が嬉しい

あとは、オンとオフの切り替えがしやすくなったところもよかったです。
転職直後でも実家の都合で休みたいときに、「休んで大丈夫だからね」と上司から言ってもらえたので、ありがたかったです。入社直後だと、言いにくいとか休みにくいとか、あることも多いと思うけど、面接時から感じていた社内の雰囲気のよさとか社員を大事にしてくれている感じとかがあるので、その辺も相談しやすかったです。

あとは基本的に服装が自由っていうのもありがたいですね(笑)
ASUEは基本的にオフィスカジュアルOKで、会社にはカジュアルな服装で毎日通勤しています。クライアントのところへ行くときも、僕は今のところちょうどいい服を持っていないからスーツを着てるけど、みんな普段の服に軽くジャケットを羽織るくらいの格好で、いかにもなオフィスカジュアル!っていう格好ですね。
前の職場は毎日スーツだったので、暑さ寒さの調節も難しくて……!!!

(※オフィスでの服装についてはこちらのブログをご覧ください⇒面接の服装自由は本当に「自由」なの?ASUEの服装ルール

当たり前のことを当たり前に

ASUEが前の会社ほど大変ではないとは言っても、運用型広告の仕事は大変だと思います。

ひとつの案件で結果を出すまでに、事前の準備から今後の戦略や対策まで、調べたり考えたりすることがたくさんあります。
商材や関連業界のことを調べたり、ターゲットを考案したり、とにかくたくさんあるんですよね。

さらにそれが複数案件あったりして。ASUEでは一人当たりの担当案件数をできるだけ少数に……というのを心がけてはいるけど、どうしても忙しくなるときもあります。

ただそうやっていろんな準備や配信の段階を踏んで、最終的にクライアントの売り上げに繋がるような成果が出ると、達成感もあるしクライアントから感謝されると嬉しいです。

まだ僕は入社から1年弱なので、社内で当たり前のことを当たり前にやりながら、結果に拘って仕事に励んでいきたいです。
ゆくゆくは運用だけでなくもっとクライアントのWeb戦略を一からサポートできるようなコンサルティング的なこともしっかりできるようになって、クライアントと一緒によりよい関係を築きながら結果を残していきたいなと思っています。

就活生へのメッセージ――「ゴールではなくスタートです」

現在学生さんで、初めての就職活動をしている方はひょっとすると「仕事が決まればゴール!」と思っている方もいるかもしれません。
でも、就職はゴールではなくスタートです。就職後の自分をイメージして、頑張ってみてください!

企業に選ばれるのではなく、企業を選んでやる!面接してやる!くらいの意気で臨むといいかもしれません(笑)

 

(インタビュー・絵:広報のN村)

この記事を書いた人はこちら

広報のN村

広報のN村

ASUE株式会社の広報担当・広報のN村。 2016年に彗星のごとく現れWebコーダーとして入社し、フロントエンドを担当した後、文才を見出され広報に異動する。業務中は大体鼻歌を歌っている。

2019年12月31日まで、採用サイトからご応募いただいた方に採用お祝い金として10万円贈呈いたします

ENTRY

一緒に働く仲間を募集しています

Uターン・Iターン採用強化中

プロへの道も、プライベートも、どちらも妥協したくない。
今の自分、そして将来の自分のためにプロフェッショナルとしての真のワークライフバランスを手に入れたい。
ASUEは本気でそう思う欲張りな人のエントリーを待ち望んでいます。
応募する
ページ上部へ戻る