RECRUIT SITE

BLOG 採用ブログ

SEとして12年、未経験からWebデザイナーへの挑戦――「やりたいことをやるためにストイックな努力を」

こんにちは、ASUE株式会社広報担当のN村です!

本日は今年制作課にWebデザイナーとして入社した平野さんにインタビューにお答えいただきました!

島根県出身の元システムエンジニアの平野さんが、どうしてしっかりキャリアを積んできた道をやめてASUEでデザイナーになったのか――というのをうかがいました。

システムエンジニアを12年間――マネージャーや大きいプロジェクトの責任者まで務めた前職時代

――前職について教えてください。

システムエンジニアで、新卒から12年間やっていました。
ずっと同じ会社にいたわけではなく、新卒で入った会社を含めて3つの会社で働いたので、担当案件や役割もいろいろ経験しました。

――具体的にどのようなことをされていたんですか?

多分システムエンジニアと聞いてイメージするところは、パソコンに向かってカタカタとプログラムを組んでいるイメージだと思いますし、実際そういうときもありましたけど、そうやってゴリゴリとプログラムを書いていたのは新卒で入社した最初の5年間くらいです。

――ずっとプログラムを書き続けるのかな……と思ってました。

SE経験がない人のイメージだとそんな感じですよね(笑)

厳密に言うと、コードを書くプログラミング部分ってプログラマの仕事なんですよね。プログラマとして経験を積んでシステムエンジニアになる……みたいな。僕も5年くらい、がっつり自分でプログラミングを経験した後、さらに上流工程に関わるシステムエンジニアになった感じです。

――なるほど。

システムの詳細設計や基本設計、要件定義などのプロジェクトの上流工程に関わるようになって以降は、運よくトントン拍子に立場も上がり、大きなプロジェクトの責任者のような立場を担うようになりました。

かなり大きなプロジェクトだったので、自分の発言や判断が、仲間のキャリアや会社の利益を左右するような立ち位置だな……と思うと、ものすごくやりがいも満足感もありましたね。大変なところも多かったですけど。

――大変なところはどんなことでしたか?

さっきのやりがいや満足感にも繋がってはいましたが、大きなプロジェクトの責任者だったことによるプレッシャーは大きかったです。常に”戦い”だと思ってました。

規模の大きいプロジェクトだと、システムの全容を把握するだけで大変で、誰でも知ってるような超有名企業のシステム開発になると不可能に近かったです。まず、「誰がこの件を知ってるんだ!?」みたいな。

そういう規模のシステムだと、関わる会社も人も多くて、コミュニケーションの齟齬が生まれやすく意思疎通がうまくいかなかったり、要件がコロコロと変わったり――日常茶飯事でしたね。

よくイメージされるようなデスマーチ的なものも実際にあって、納品前は月100時間の残業とか土日も休まず出社したり、徹夜で作業……なんていうのもありました。

――おおお、大変……。

でも、クライアントとのやり取りやプロジェクトの進め方、忙しさやプレッシャーに対する耐性はシステムエンジニア時代の経験が今でも大いに活きているので、いい経験だったな、と思います。

「本当にやりたいことをやりたい」――Webデザイナーへの転職を決意

――12年システムエンジニアとして大きなプロジェクトにも関わってきた平野さんが、それまでのキャリアから離れて一からWebデザイナーになる!と決めたきっかけはなんだったんですか?

元々、学生の頃から絵を描いたり、学級新聞みたいなものを作ったり、資料をまとめたり――そういうことが得意で好きでした。

なので、具体的な行動に移さないまでも、社会人になってからも「いつかWebやDTPのデザイナーになりたい」みたいな気持ちはおぼろげに考えていました。

――そうだったんですね。

それで、前の会社に入ったのと同時に「週末を充実させるために好きなことを学んでみよう。」と思って、ヒューマンアカデミー名古屋駅前校に入校しました。

結果として約4年間、そこでWebデザインやコーディングの基礎について学んだんですが、直接的なきっかけはそこで知り合ったWebデザイナーのRさんからの後押しです。

前の会社では役職にもついていて会社自体も軌道に乗っていたので、12年間頑張ってきて得た地位を捨てて新しいものにチャレンジするのはなかなか容易な決断ではなかったですし、本当に悩みました。傍から見たら大半の人が「本当に?」と言われそうな決断でしたし。

直近で務めた会社にも不満は何もなくて、待遇も人間関係も満足していましたしね。

仕事の傍ら四年かけて通ったのもあって、その間「システムエンジニアを続けるのか、Webデザイナーに転身するのか」をじっくり考えましたが、最後にRさんから「本当にやりたいことをやるべきだよ」と後押しされて、転職しよう!と決断しました。

――一人じゃなかなか決め切れない決断を後押ししてくれる存在って素敵ですよね。

そうですね。実際、当時からRさんとは将来のビジョンとかを話し合ってましたし、今でも仲良くしています。

応募の決め手は「個人の裁量を大切にして仕事ができる環境」だと思ったこと

――ASUEを知ったきっかけはなんでしたか?

実は、入社する2-3年前にはASUEのことを知っていたんです。

通っていたヒューマンアカデミーで開催された企業説明会のようなイベントで代表の安江が登壇していて、まだ具体的な転職は考えていない時期でしたが……。

――そうだったんですね!そこから、応募に至る決め手はなんでしたか?

転職を決めて、改めて名古屋でWeb制作をやっている会社を探していた時に、ASUEのことを思い出しました。

改めて調べてみて、個人の裁量を大切にして仕事ができる環境だと感じたことと、デザインだけでなくコーディングもディレクションもやっていきたい!と思っていたので、その希望を受け入れてくれる雰囲気があると感じたことです。

「スクールの中で誰よりもストイックに努力をした自負があります」――未経験から目指すWebデザイナー

――これまでのお話でもあったように、未経験からWebデザイナーになられていますが、Webデザイナーになるためにしたことがあれば教えてください。

先ほどもお話しましたが、SEとして働きながらヒューマンアカデミー名古屋駅前校に約4年間通っていました。主に土日に通っていたんですが、Web・DTPの講座を履修してデザイン制作スキルを習得しました。

――4年間って長いですね……?

そうですね、実際1年通えば十分に修了できます。

周囲からも「早く転職すればいいのに」ということは言われていましたが、自分自身で納得できるレベルに達するまでは具体的な転職活動をしないと決めていました。

もちろん、前職自体もそれなりに忙しかったので平日にかけられる時間は少なかったですが、その分休日は寝る時間を削ってもいろんなことに取り組んでいましたね。

――具体的にはどんなことをしていたんですか?

授業と課題以外に取り組んだことはたくさんあるんですけど、例えば

  • 仕事をとってくる練習のため、異業種交流会等のイベントに参加して自分の名刺を配った
  • 友人のバンドのライブイベント用チラシを作り、集客して小さなクラブハウスを満員にする
  • フリーランスWebデザイナーさん、制作会社の代表さん、Webディレクターさんなどいろいろな方が講師にいたので、授業外でも話を聴いてノウハウを吸収する
  • 人脈を通じて名刺制作の依頼を受注して納品
  • 友人の会社がWebサイトをリニューアルしたいと聞き、プレゼン用の提案書とワイヤーフレームを作成して提供
  • ヒューマンアカデミー内で受講生独自のサークルを企画・発足。宣伝用のチラシを作成。

などなど、自分のモノサシではあるけれど、他の受講生と比較して、誰よりも意識を高く熱意を持って、ストイックに取り組んでいた自信があります。

未経験から、ある程度スキルや知識を身につけないといけないWebデザイナーになることを目指すのであれば、このくらいの努力はしないといけない――と思って、四年間積み重ねました。

――実際の面接では、その辺の話もされたんですよね。

そうですね。

最終面接までスキルの部分をがっつり確認されたので、少しびっくりしました。他の会社も受けていましたが、大抵は最初の上長との面接でその辺りの話は終わってしまうので。

とにかく、未経験だし熱意を伝えなくては!と思い、これまでの経歴と制作物をプレゼンして売り込むような雰囲気で、途中から思わず立ち上がって説明していました(笑)

その時に、「過去にヒューマンアカデミー出身者で応募してきた中で、一番いいポートフォリオだ」と安江に言ってもらえたので、嬉しかったのを覚えています。

――他に、面接で印象的なことはありましたか?

ポートフォリオをしっかり見てもらえていたことですかね。

応募時にポートフォリオサイトを提出して、その上で当日は仰々しくA3サイズの冊子2冊にまとめたものを持っていったのですが、現在の上長の柴田が既にポートフォリオをしっかり見てくれている感じがあったので、嬉しかったです。

さっきも言った通り何社か受けていたけど、面接の際に初めて作品を観た採用担当がかなり多い印象でした。

――えっ、ASUEだとまずポートフォリオを見て判断するのでびっくりです……。

僕もそう思っていたので、ASUEでは「ちゃんと見てもらえている」というのが嬉しかったです!

採用の決め手として、「未経験ではあるけど、プロとして働くために熱意を持って準備をしてきた」ことがあるとおもうので、そこを怠らずにしっかりできていてよかったですね。

仕事について

――ここからは、入社後の仕事について教えてください。Webデザイナーの仕事の中で、好きなところはどこですか?

デザインに関しては、ある一定のセオリーはありますが答えがないところが好きです。
一生懸命頭を使って考えて、ストーリーを組み立てて、自分なりに考えた表現で具現化するところです。

仕事の上での醍醐味は、自分のデザインがお客様に受け入れてもらえた時や喜んでもらえた時です。 納品を終えた瞬間の達成感も好きですね。

――反対に、大変なところは?

毎月いろんな案件の納期が来て、忙しいですね。
月末納期が多くて、月末と月初はどうしてもバタバタします。どんな会社でもそうですけど(笑)

受け持つ案件に多種多様な業界があるので、短期間でいろいろな商材やクライアントの特性を理解していかないといけないので、そこも大変です。
いろいろな業界やビジネスモデルへの理解を深めておく努力が日頃から大切だと思います。

――ランディングページのデザインがメインなので、マーケティング的な視点を身につけておくことが重要ですよね。他に、気を付けていることはありますか?

今地下鉄で通勤しているのですが、電車内の中吊り広告で「素敵だな」と思ったものは心に留めておくようにしています。

もちろん通勤中に限らず、普段インターネットや街で見て、「良いな」と自然に目に留まるデザインや広告は写真を撮ったりメモをしておいたりして、普段からインプットのためのアンテナを張っておくようにしています。

現場からもクライアントからも信頼される立場に――「最終的には自分の”アンチ”がほしい」

――今後のキャリアプランについて教えてください。

まだまだ、Webデザイナーとして学ぶことばかりなので、今後しばらくはデザイン業務に集中して取り組んでいきたいと思っています。

ただ、徐々にディレクションもできるようになっていきたいです。
クライアントからも現場メンバーからも信頼されるディレクターになりたいので、そのためにも制作に関する技術や知識だけでなくサーバーの知識や経営的な部分での幅広い知識も必要だと感じています。

ゆくゆくはマネジメントをする立場にもなっていきたいので、現場への理解はどこのステップでも忘れないようにしていたいです。

――その他、何か目標はありますか?

当面の目標は「自分の名前でお客様から指名が入るような仕事ができるようになる」ことです。

  1. 「ASUEさんにお願いしたい」と会社としての信頼を得る
  2. 「ASUEの平野さんにお願いしたい」と自分個人としての信頼を得る
  3. 「平野という腕のあるデザイナー(ディレクター)がいるらしいから仕事をお願いしたい」というファンを獲得
  4. 「平野という腕のあるデザイナー(ディレクター)がいるらしいが、私は平野のデザインは好みではない」というアンチを獲得

まず1,2までを目指した後に、自分のファンを獲得して、最終的にはアンチができるくらいになりたいと思っています!

――アンチの獲得……(笑)

アンチができてこそ一流、って言うじゃないですか。
最終的にはそういうところまでいきたいです。

――ありがとうございます。最後に、就活中の方へのメッセージをどうぞ!

ASUEは、

  • 個人の裁量で、責任を持って仕事を任せてもらえる
  • やりたい業務、役割、これからのビジョン、体制への意見などどんなことでも、(しっかりした理由や根拠を持って説明すれば)聞き入れてもらえる
  • お客様の声が直接届きやすい
  • 社員がみんな各々の強みや個性を持っているので、お互いに高め合うことができる

などなど、魅力的な部分がたくさんあります。

卓越したスキルがある方はもちろん大歓迎ですが、「この人と一緒に仕事がしてみたい」と思うことができるような、熱意のある人間味の強い方に来ていただけるのが一番嬉しいです。 ご応募お待ちしています!

この記事を書いた人はこちら

広報のN村

広報のN村

ASUE株式会社の広報担当・広報のN村。 2016年に彗星のごとく現れWebコーダーとして入社し、フロントエンドを担当した後、文才を見出され広報に異動する。業務中は大体鼻歌を歌っている。

2019年12月31日まで、採用サイトからご応募いただいた方に採用お祝い金として10万円贈呈いたします

ENTRY

一緒に働くスタッフを募集しています

Uターン・Iターン採用強化中

プロへの道も、プライベートも、どちらも妥協したくない。
今の自分、そして将来の自分のためにプロフェッショナルとしての真のワークライフバランスを手に入れたい。
ASUEは本気でそう思う欲張りな人のエントリーを待ち望んでいます。
応募する
ページ上部へ戻る