RECRUIT SITE

BLOG 採用ブログ

ASUE初の長期学生インターン2人に話を聞いてみた

こんにちは!ASUE株式会社広報のN村です。久々の採用ブログです。

これまで、ASUEの新卒採用は、新卒採用向けの求人サイトを利用していわゆる「一括採用」を実施しておりました。が、最近長期インターン→採用という採用形態を始めまして。

その第一弾として、現在ASUEにインターンとして参加してくれている2人にお話を聞いてみました。

K・Aさん(2.5年生):大学2年生修了時から休学して将来を見据えてASUEは2社目のインターン。インターン開始6ヶ月。

N・Yさん(3年生):現在大学3年生。通勤に時間がかかるので、電車に乗るための時間管理をいつもしている。インターン開始5ヶ月。

N村

掲載名何がいい?と聞いたらイニシャルで……ということだったのでイニシャルでお送りします。

キングアーサーとニューヨークについて考えています。よろしくお願いいたします。

 

長期インターンを始めたきっかけとASUEを選んだ理由

——長期インターンをやろうと思ったきっかけを教えてください。

K・A:わたしは大学に入る前から、インターンをしてみたいなと思っていました。というのも、漫画で上京した大学生がインターンをやる話を読んで、インターンを経験して社会経験をしつつ自分と業界が合っているかを確認したいなと思いました。

N・Y:わたしは、自分に特に強みと言えるものがなくて。人より早めに動いてスキルを身につけたりもしたいなと思いました。

——どうして「Webマーケティング」を選んだのかを教えてください。

K・A:サークルでの体験がきっかけでWebマーケに興味を持ちました。仮説を立てて分析する、考える仕事が自分に合う気がしていたので、インターンをやれば確かめられるんじゃないかと思って……

——サークルではどんな経験をされたのでしょうか?

K・A:合唱サークルに所属していて、その中でパートリーダーとして練習の進行を仕切っていました。新しい曲をやるときは、「今度この曲をやるので、音源を聴いて予習をしておいてください」と呼びかけるんですが、呼びかけてもなかなか聴いてきてもらえなくって。送る文章を工夫したり、練習内容を工夫したりしていたら、徐々にみんなが聴いてくれるようになりました。

言葉の力で、人にしたい行動を取ってもらえた!というのが嬉しくて、そういうことをできるのがマーケティングだなと思ったので興味を持ちました。

——ありがとうございます。(この辺りで、わたしは仕切りに「みんなちゃんと考えてて偉いね!すごいね!」を繰り返し始める) 続いて、N・YさんがWebマーケを選んだきっかけはなんですか?

N・Y:業界に興味を持ったきっかけは、サークル勧誘と授業です。勧誘にTwitterやインスタグラムを利用していたり、サークルの勧誘でいつ・どこで呼びかけるか、何を使って呼びかけるかなどを考えていて……。

——今のサークル活動ってSNSそんなに活用してるんですね!? わたしの頃はほぼ完全にアナログだったな……新歓に誘った子にLINE聞くくらい……。

K・A:これまで大学生活がほぼコロナ禍だったので、オフラインの声かけが難しくて、サークルのアカウントを使って勧誘するのが普通でしたね。

N・Y:そうですね。あとは、さっきも言ったんですけど、自分にできること・スキルが欲しいなと思っていて、さらにわたしにしか任せられないとか言ってもらいたい承認欲求があって……どんなスキルを持てばいいのか?何をしようか?と考えていたときに履修していたマーケティングの授業で消費者心理の勉強をしました。その2つがきっかけで、Webマーケティングに興味を持って、そのスキルを身につけたいなと思いました!

——お二人とも良ききっかけですね! では、いろいろな会社がある中でASUEに応募した理由を伺っていければと思います。インターン先を検討している中で見つけたASUEの第一印象はどうでしたか?

K・A:インターン自体はASUEの前に商品企画系の会社で週2回12時間勤務を3ヶ月ほど経験していました。興味がある業界をいくつか経験してみたいと思って、Webマーケの会社も探しているときにASUEを見つけました。サイトのコンテンツを読みながら、温かそうな会社だなと思いました。

N・Y:わたしもインターンをやりたいと思って、それ系の媒体から会社を探している中でASUEを見つけました。ASUEの記事をいろいろ読んで、いい意味で楽しそうな雰囲気や風通しが良くて発言しやすそうな雰囲気を感じました。

——選考段階で、ASUEのここがいいなと思った点はありましたか?

K・A:尊敬できる人に囲まれつつ自分が何を返せるか、に重きを置いていました。Webサイトなどを見て、クライアントにも社内の人にも真摯な姿勢を感じたので、こんな会社がどんなふうに働いているのか?を学びたいなと感じました。あとは、面談時にウェルカムボードが置いてあったり、採用ページやサイトを通して感じていた印象そのままの社風を感じられたのも良かったです!

N・Y:第一印象で良い印象を感じながら応募をしたのですが、面談で代表の安江さんとお話ししたときに、「会社がもし潰れてもみんなどこかでやっていけるメンバーだと思う」という言葉を聞いて、尊敬できる人たちがたくさんいる会社なんだなと感じました。重要視とも違いますが、面談を通して志望度が上がっていきましたね。

——ありがとうございます! 次項では、実際にASUEでのインターンを開始してからのお話を伺いたいと思います!

ASUEの中に実際に入ってみて

——さて、インターンを開始してお二人とも数ヶ月経っておりますが、どのようなことをされていますか?

K・A:主にタスクベースで業務にあたっています。入稿作業やGTMの設定、データポータルのレポート出力など、Web広告運用での基本的な作業は一通りやっています。

N・Y:それ以外に考察系のタスクでは、広告の見出しやバナーのキャッチコピーなどを考えて、意図と共に担当の社員さんに提出→フィードバックをいただいたり、成果が悪い原因を考えたり……。あと、わたしは指導担当の社員さんが持っている案件でちょうど10-20代女性向けの商材があったので、LPワイヤー作成やトンマナを考えたり、ライティングも少しですがやらせていただきました。

——ちなみに、インターン楽しいですか?

K・A & N・Y:楽しいです!

——おお、すごい(笑) では、ここまで数ヶ月やってみて、インターンについて何か意見とかってありますか? なにぶんASUEも初の長期インターンで、手探りの部分が多く……。

K・A:Web広告運用の一通り(管理画面を触ったりレポート出したり、考えたり など)のことは経験できましたが、それぞれバラバラだったので、一つの案件に深く関われるような機会があると嬉しかったです。特定の案件に対して長い目でいろいろ考えられた方がより勉強になると思うので。

N・Y:ただ、それも月一で社員さんと面談しているので、要望をあげたら聞いてくれて考えてくれているのでありがたいですね。現に、案件単位ではないですが、「このキャンペーンの作成から初期運用まで」という風に任せてもらえました。他にも分析やりたいです!と伝えたら、機会を作ってもらえそうだったので嬉しいです。

K・A:最初の方は、学生からそういうこと言っても大丈夫なのかな?という不安もあったのですが、いざ意見を言ってみたら真摯に聞いてくれるので、もっと最初からガツガツ意見を言っても良かったな……と後悔しています(笑)

——ありがとうございます。続いて、ASUEの印象について教えてください。いいところ・悪いところありましたか?

K・A:悪いところではないんですが、思っていたより雑談が少ない会社だなと思いました。もっと常に雑談が飛び交っているのかな?と思っていたので……フリーなコミュニケーションや運用者同士が意見を交わしていく感じが想像より少なかったです。意外とオフィスが静かなことが多いから、今話しかけても大丈夫かな?と思ってしまうことがあって……。

——人数が増えたのとテレワークでオフィスの人が少ないのともくもくやる人が昔より増えたかもしれません。ASUEには集中タイムという制度があるので、集中タイム中じゃない人は普通に話しかけて大丈夫ですが、静かだと話しかけにくいことってありますよね。 N・Yさんは何か気になるところありましたか?

N・Y:……出ないです(笑)

——よかったです(笑) ちなみに、インターンに来る前と後でASUEに対する印象に変化はありましたか?

N・Y:わたしは全然なかったです!

K・A:さっきの「思ったより雑談やフリーなコミュニケーションが少ない」以外は、社員のみなさん温かい雰囲気で、特に差は感じなかったです。

——これ、わたしが言うのもなんなんですが、採用サイトとかに、「社員の仲がいい」とか「和気藹々」とか(※)「風通しが良い」とか書いてある会社って信用ならないところもあると思ってるんですが……その辺どうでしたか?

※ASUEの採用サイトはこういう書き方はしていないけど、そういう空気を感じると思う

K・A & N・Y:……??? 特には……入ってみてギャップも感じなかったので。

——趣味関係でTwitterやってるとよくそういう意見が流れてくるのを見るから応募者にどう思われているか気になってたんですが、わたしがTwitterナイズされているだけでしたね……。

K・A & N・Y:(笑)

最後に

N・Y:わたしは認められる何かを持ちたい、というのが一貫してあるので、自分の意見や行動を認めてもらえるように頑張っていきたいと思います! いろんな人から教えていただいているので、できるだけ早くレベルに近づいて、何か恩返しができるようになりたいです。あとは、社員さんとの関係を深めてもっと密に関わっていきたいと思います!

K・A:ここまで、タスクベースの仕事をどうやり切るか試行錯誤してしまって、目の前の仕事に集中しがちでした。タスクに囚われずに、ASUEの言いたいこと・やりたいことを言える環境を利用して、いろんな挑戦ができればよかったなと思っています。わたしの動き方でASUEの働き方を変えられていたと思うので、ASUEにも良い影響を与えられるような行動を起こしていければと思います!

——お二人とも、素敵なお話をありがとうございました! 今後もよろしくお願いいたします!

ASUEでは、長期学生インターンを随時募集しております。将来Webマーケティングに関わる仕事がしたい!ASUEで働きたい!という学生さんはぜひご応募いただければ幸いです。

採用サイト新卒募集フォームまたは各種媒体よりご応募いただければ幸いです。

この記事を書いた人はこちら

広報のN村

ASUE株式会社の広報担当・広報のN村。 2016年に彗星のごとく現れWebコーダーとして入社し、フロントエンドを担当した後、文才を見出され広報に異動する。業務中は大体鼻歌を歌っている。

2019年12月31日まで、採用サイトからご応募いただいた方に採用お祝い金として10万円贈呈いたします

ENTRY

一緒に働くスタッフを募集しています

Uターン・Iターン採用強化中

プロへの道も、プライベートも、どちらも妥協したくない。
今の自分、そして将来の自分のためにプロフェッショナルとしての真のワークライフバランスを手に入れたい。
ASUEは本気でそう思う欲張りな人のエントリーを待ち望んでいます。
ページ上部へ戻る