RECRUIT SITE

BLOG 採用ブログ

ASUEと社員の”価値観”の話――「一緒に働きたい」と思ってくれるあなたへ

こんにちは、ASUE株式会社広報担当のN村です。

ASUE株式会社は、8月から創業8期目となりました。
8期になるにあたって、会社側と社員それぞれが「こういう価値観で、こういうことを体現していけるようにしよう」という指針として新たにバリューを設定しました。

そのバリューの細かい意味について、代表の安江が朝礼でお話した内容を採用ブログでもご紹介したいと思います。

“バリュー”と大仰な名前をつけはしましたが、実際は”当たり前のこと”がほとんどになります。
ですが、この内容はASUE――わたしたちが「どんな人と一緒に働きたいのか」という価値観を表すものであり、採用基準にも関わってくる部分なので、「ASUEで働いてみたい!」や「名古屋でリスティング広告の仕事がしたい」と思ってくださる方向けにも発信することになりました。

N村

ちなみにその日、わたしはアニバーサリー休暇を取得していました。

(後から動画を観たよ)

※ちなみにASUEでは、いない人が内容を確認できるように動画が配布されます。理念の共有はそれほど大事なこと、という認識です。

社員の約束――Member’s Promises

これは、ASUE社員がどのような指針で行動していくのか、という指針であり、体現すべき目標で、ASUEが「こういう人と働きたい!」と思っている価値観を表したものになります。

1. 相手の期待を上回り、驚きと感動の体験をとどけよう!

ASUEのミッションである「感動をとどける」を目指すために、相手の期待を上回るような行動を心がけよう、というものです。

相手の期待を上回る行動をするには、まず「相手が何を求めているか」を知らなくてはいけません。次に「常に感動をとどける」ことは現実を考えると難しいから、それをいつとどけるかという「タイミング」も大事で、相手をしっかり見て考えるためには、「相手の目線に立って」考えて、相手を理解した上で、どのように驚きや感動といった”価値”を相手にとどけていけるかを常に考え続けていこう、という行動指針です。

安江

もちろん、難しいことだけじゃなくて、”当たり前のこと”をすべてきっちりやるとか、そういうこともある種の”感動をとどける”行動だと思っています。

なので、初めは小さいところから、大きいところまで感動基準で動いていければいいなと思います。

2. 変化を味方につけよう!

近年、外部環境の変化が非常に激しくなっています。

数年前からの話スマホが登場して、劇的に普及して、今では大体のことがスマホ一つでできるようになっていったのはWeb業界において大きな外部環境の変化でした。また、最近ではどんどん新しいサブスクリプションサービスが出てきたり、逆に淘汰されて終わってしまうサービスも多くあります。

そういった激しい変化は一歩間違えれば、大きな苦難に繋がるものです。

その激しい変化を「チャンスだ」と捉えていこう、というのがASUEでの考え方です。

安江

変化に対して「嫌だ!無理!」とネガティブな感情ばかりになるのではなく、ポジティブに動いていける人と働きたいなと思っています。

3. 自ら学び、成長しよう!

これは言葉のまま、「自発的に学んで成長していこう」というものです。

例えば先ほども書いた通り、変化が激しい業界なので、常日頃自ら情報をキャッチアップして新しいことを学んでいくことが必要不可欠になってきます。

そういう日々の努力を怠らずに、貪欲に成長していけるような人間であれ、ということです。

安江

成長することは大切だし大切にしてほしいけど、会社は”学ぶための場所”ではなくビジネスの場なので、バランスをとりながら仕事をできるのがいいですね。

4. 前例や成功体験にとらわれない!

例えば、「前こうやったら上手くいったから、こうすれば大丈夫なはず!!!」と考えてしまうことがあるかもしれません。

もちろん、過去の経験を活かして次に繋げることは非常に大切なことですが、そればかりに囚われてしまうことはベターな選択ではありません。

「前こうやったから」で思考停止してしまうのではなく、「前こうやったら上手くいったけど、今回はどうか」というのをきちんと考えられることが大切です。

外部環境などが変化していれば、今回は前の手段は上手くいかないかもしれません。

前例や成功体験だけで思考停止してしまわずに、賢明な猜疑心を持って深く考えることが大切です。

安江

例えば、「ルールはこうだけど、こうしたらよくなるのでルールもこうしたほうが良いと思います!」みたいな意見をもらえると僕も他のメンバーも嬉しくなります。

 

5. 自ら楽しめ、夢中であれ!

自分の仕事を楽しんで、楽しんだ先でさらに夢中になってる!という状態は、成長しやすい状態ではないかと思います。

なので、仕事が好きで、楽しんで、夢中になってるような人と働きたい!と考えています。

N村

なぜかわたしが例にあがっていました。

6. 信頼しあえる人間関係を築こう!

社員、というのは基本的には友達ではありません。
あくまで「仕事の上での同士」と表現するのが適切だと思います。

ASUEはベンチャー企業で、まだ人数も30人程度の会社で、一人一人の影響が大きい状態で、例えば、一人が大きな失敗をすれば、会社に与える影響も大手と比べればどうしても大きくなってしまう、相互依存関係が大きな状態とも表現できます。

安江

もちろん、最初にお伝えした通り、友達ではないから、ずぶずぶに付き合わなきゃいけないわけではありません。

お互いが信頼し合えるように「率直に話をする」などの、いい仕事をするための関係を築けるコミュニケーションをとるように心がけて、チームメイトとして団結して仕事に取り組める環境を作っていこう。

7. リスペクトと謙虚さを忘れない!

「信頼し合える人間関係を築こう!」とも関連するけど、話し合ったりする場面で、相手を想ってリスペクトと謙虚さを持って接しよう、というお話です。

ただ、過度な謙虚さを見せると場合によっては「相手の期待をわかっていない」ことにも繋がるので気を付けたいですね。

安江

あまりかしこまられると、こっちも緊張しちゃうからN村くらいに適度に生意気だといいよね!

N村

適度に生意気……?(解せぬ)

8. コストは小さく、成果は大きく!

“コスト”への意識は、ビジネスをやる上でどうしても大切な部分です。

よく「経営者目線で」と言われるけれど、その基本がこの部分だと思います。
成果を出すには絶対にどこかで”コスト”がかかっていることをきちんと理解して仕事に取り組む意識が必要です。

安江

経営者目線で!というと、「経営上」社員の待遇はあげられないよね…みたいなことを理解しろ!みたいな悪い意味にとられることもあるかもしれません。

が、そういう意味ではなくビジネスをやる上で全てにコストがかかっているという意識を社員は持っていようね、という話です。

9. 新たな出会いを追求しよう!

人が成長するときに、「人との出会い」が与える影響が大きい。

新しく出会った人からの言葉や行動が自分にめちゃくちゃ刺さることがあります。
新しい出会いがある場に行くのは多少居心地が悪いことにもなるかもしれないけど、自分のコンフォートゾーンの外に出ていって各々で自分を磨いていい刺激を与えてほしい、という風にASUEでは考えています。

それが社員個人個人の成長につながって、会社への貢献にもなっていきます。

安江

広告代理店だと社員を表に出さないことも多いけど、社員一人一人がフィーチャーされて活躍できるようにして、社員がいろいろなものや人に出会えるといいよね!

会社から社員への約束――ASUE’s Promises

ASUE株式会社ではクライアントに成果・感動をとどける上でメンバーが最も大切な資源です。
成果を出し、感動をとどけるために持てる才能を最大限伸ばしていく努力をしていきます。

各自の多様性を尊重し、仲間を大事にし、充実した生活を深め、目標・志を実現する。

ASUE株式会社はこのような環境をはぐくみたいという想いから3つのPromiseをつくりました。

Life

より豊かな人生をおくることに貢献すること。

社員一人一人の人生は当然、仕事だけのためのものではありません。

仕事でのパフォーマンスを最大限高めて活躍するには、仕事以外で充実した生活を送ることもまた必要だとASUEでは考えています。

その”充実した生活”を送るために必要な、金銭的報酬や休暇、制度等の面を会社側で最大限努力したいと考えています。

Skill

能力開発を後押しして、個々の志の実現と成長に貢献すること。

現在、ASUEでは一部の社員が中心となって「でらマーケ勉強会」を行っています。

これは名古屋の若手マーケターに学びの場が少ない、ということで社員が自発的に企画したものですが、若手社員にとっての経験や能力開発の場にもなると考えて、会社として全面的にバックアップしている形です。

また、部署ごとに毎月図書購入費用がもらえて業務関連書籍が購入できる制度や外部のセミナーに参加できる制度なども以前からございます。

さらに、社員全員でウェブ解析士の資格をとるための制度も先日スタートしました。
※テキスト代、講義代等は会社から出ています。

Field

新たなフィールドと出会い仲間をつくり、さらに、その環境を成長させること。

ASUEのメンバーはそれぞれ、目標や志を持って入社してくれています。

上記の報酬や待遇、制度やスキルだけでは目標を実現できないのではないか、と考えています。

そのため、会社の事業ドメインや方向性に合っていれば、可能な限り個々の目標や志の実現ができる環境や挑戦できる場を用意したいという想いがあります。

代表の安江(右)と常務の後藤(左)

ASUEで働きたい!と思ってくれるあなたへ

今回ご紹介したバリューは、「ASUEが大切にしている価値観」です。

ひょっとしたら、読んでくださった方にとって、納得できないものもあるかもしれません。

「今回こういうバリューはあるけど、バリューに囚われすぎるな」と、この話を社員にした朝礼中安江は言いました。
バリューはこうだから、と思考停止しないで、常に場面場面考えられることが大切です。

もし、面接などにお越しの際は、ASUEのバリューに囚われないで、ありのままをお見せいただければ幸いです。

この記事を書いた人はこちら

広報のN村

広報のN村

ASUE株式会社の広報担当・広報のN村。 2016年に彗星のごとく現れWebコーダーとして入社し、フロントエンドを担当した後、文才を見出され広報に異動する。業務中は大体鼻歌を歌っている。

2019年12月31日まで、採用サイトからご応募いただいた方に採用お祝い金として10万円贈呈いたします

ENTRY

一緒に働く仲間を募集しています

Uターン・Iターン採用強化中

プロへの道も、プライベートも、どちらも妥協したくない。
今の自分、そして将来の自分のためにプロフェッショナルとしての真のワークライフバランスを手に入れたい。
ASUEは本気でそう思う欲張りな人のエントリーを待ち望んでいます。
応募する
ページ上部へ戻る