RECRUIT SITE

BLOG 採用ブログ

面接の服装自由は本当に「自由」なの?ASUEの服装ルール

こんにちは、ASUE株式会社広報のN村です。

少し前に話題になっていたP&Gの広告、皆様ご存知でしょうか。
「自由な髪形で内定式に出席したら、内定取り消しになりますか?」というメッセージと共に、 #1000人の就活生のホンネ として、就活生たちから集めた声をモザイク状に埋め込んだヘアケアブランド「パンテーン」の広告です。

https://twitter.com/telinekd/status/1046620248026144768

また、これと同時にTwitterでは「 #就活をもっと自由に 」というタグでも様々な意見が寄せられていました。

そこでふと、就活時に面接や説明会でよくあった「服装自由」という言葉を思い出しました。
服装自由って書いてあったから私服で行ったらみんなリクルートスーツで慄いた経験、おありの方も多いのではないでしょうか。
わたしは素直に生きているので「OK、私服ね!」と私服で行っては裏切られた…と思っていました。

こういうときにやれ私服で行くべき!とかスーツで行くべき!とか、その辺りの認識ってみんな共通でよい方向になっていくのが理想なのかな、と思いますが、現状まだまだ各世代、人、会社……共通の認識ができにくい現状だと思います。
社会的にこうあるべき!とか難しいことは置いておいて、とりあえず「弊社はこんな感じです」という緩いお話にはなりますが、今回は『面接の服装自由は本当に「自由」なのか』をテーマにお話ししたいと思います。

「服装自由」―スーツと私服、どちらで行けばいいの?

さて、先述しました#就活をもっと自由に をぼんやり見ていたところ、就活する側の下記のような意見を見かけました。

  • 黒髪もスーツも嫌、私服で面接や説明会に行きたい
  • 私服で行くのは面倒だから、スーツと決まっていてほしい

この二つ、意見は相対するもので話し合っても一生平行線をたどるだろうな…という双方の意見ですが、これを見ていてわたしは思いました。

「そもそもこの二つって、本当に服装自由だったら解決できるじゃん!」

面接や説明会、大事なのは服装なの?

ASUEでは、面接や説明会にいらっしゃる方に「服装は自由です」とお伝えしています。
文字通り、スーツで来られる方も私服で来られる方もいらっしゃいます。

会社によっては「自由と書いたけどスーツじゃなきゃ!」というところもある……というような話も聞いたことがありますが、弊社ではそのような引っ掛け的なことは特にしておりません。
もちろん、スーツだから評価が高い/私服だから評価が高いというような、服装が有利に働いたり不利に働くような評価の仕方もしていません。

要するに、スーツで来たい方はスーツでいいし、私服がいい方は私服でいいというのがASUEの面接です。
これでさっきの相対する二つの意見も無事解決できますね。やったね。

ただ、面接や仕事っていうのは「人」に会うことになります。
そのとき会う人にどんな恰好で会えばいいのか――というTPOを意識して、最低限清潔感のある格好を心がけたほうがいいのは確かです。

極端な例を挙げると、

  • よれっよれの襟元のTシャツと穴の開いたジーンズ
  • 上下スウェットやジャージ

というような恰好だと、「仕事でお客さんに会う時もこういう恰好をしちゃうのでは…?」「最低限のTPOや清潔感を考えない子なんだな…」ということになってしまう企業さんは多いと思います。

面接で大事なのは「その会社に入って何がしたいか」というところなので、単純にスーツか私服かというのは本当にどうでもいいけれど、最低限の身だしなみは整えたほうがいい、というのがASUEの考えです。

そうは言っても何か指標がほしい人へ

面接を受ける会社のサイト(ASUEだったら今ご覧になっている採用サイトや事業サイト、その他Wantedly等)を見ればどこかに社員の写真等が載っていると思います。

私服で行くのであれば、実際に働いている人のような格好であれば問題ないのではないでしょうか。

TPOとか関係なく自分の好きな服で働きたい!!!

どんな服装でどんな会社で働くか……にもよってくると思うので、自分はこんな風に働きたいんだ!というのがあるのであれば、面接にその格好で行ってみるのもひとつの手かもしれません。

スーツ以外の服選び、自分で働くときどんな恰好で働くのかな?というのを想像して選ぶのがいいのかな…というのを個人的には思っております。

結論

  • 人と会うときの最低限のTPO/清潔感を大事にすれば何を着ていても大丈夫
  • 服選びにもし困ったら受けに行く会社の社員さんの服装をチェックしてみる

おまけ:ASUEメンバーのオフィスファッションをご紹介します

Webマーケティング課のミヤタ「えっなんでこれが撮りたいんですか?」

広報のN村「手持ちの中では地味な方です」

たかは氏「訪問の時は普段の格好の上にジャケット羽織ります」

晴香「来客対応が多いのでオフィスカジュアルを意識してます」

常務の後藤は大体こんな感じ、社内ではジャケットを脱いだり。

ちなみに、わたしは弊社の面接時にグリーンとネイビーのチェックのジャケットで行きました。おわり。

この記事を書いた人はこちら

広報のN村

広報のN村

ASUE株式会社の広報担当・広報のN村。 2016年に彗星のごとく現れWebコーダーとして入社し、フロントエンドを担当した後、文才を見出され広報に異動する。業務中は大体鼻歌を歌っている。

2019年12月31日まで、採用サイトからご応募いただいた方に採用お祝い金として10万円贈呈いたします

ENTRY

一緒に働くスタッフを募集しています

Uターン・Iターン採用強化中

プロへの道も、プライベートも、どちらも妥協したくない。
今の自分、そして将来の自分のためにプロフェッショナルとしての真のワークライフバランスを手に入れたい。
ASUEは本気でそう思う欲張りな人のエントリーを待ち望んでいます。
応募する
ページ上部へ戻る